• 無添加ドッグフード ®
  • 無添加キャットフード®

ドッグフード無添加安心本舗

ショッピング機能をリニューアル致しました。

安心・安全・健康「無添加ドッグフード安心」&「無添加キャットフード安心」

代表の寺前修司です。人が食べられる食材を使い、理想的な栄養バランスの安心安全な健康無添加ドッグフード&キャットフードをドッグフード無添加安心本舗は提供しております。

体は食べ物から作られます。ご愛犬&ご愛猫の健康な体を作る為に、是非「無添加ドッグフード安心」&「無添加キャットフード安心」をお与えください。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
代表の寺前が、責任を持ってお答えいたします。
フリーダイヤル:0120-47-1021 寺前直通:080-4644-3008

フリーダイヤル :0120-47-1021

寺前直通:080-4644-3008

犬・猫の下痢について

下痢は、殆ど場合、食べすぎが原因です。給餌量を調節すれば収まります。

(無添加ドッグフード安心(無添加キャットフード安心)は、抗菌剤を使用せず、又、お肉をたっぷりと使用していますので、食べ過ぎれば下痢をします。食べ過ぎても下痢が出来ないフードの方が、問題です。)

体重が減っていっているので、給餌量が減らせないといわれる飼い主様もおられますが、下痢状態では栄養を吸収できていないので、たくさん食べても痩せていきます。

逆に便が安定するまで給餌量を減らした方が、標準体重に近づく場合もあります。

給餌量はあくまでも目安です。標準給餌量の半分くらいがちょうど良いワンちゃんもいます。 (犬の場合、胃腸を休める為に、週に一度ほど絶食をする給餌方法もあります。)

給餌量を減らしても下痢が続く場合、ウィルスや細菌、寄生虫の可能性もあります。その際は獣医さんにご相談されることをお勧めします。

下痢をする事が悪い訳ではなく、下痢をする原因が悪いわけです。食べ過ぎれば当然胃腸に負担が掛かるので、免疫作用として食べた物を早く出そうします。ウィルスや細菌などもそうです。

食べ過ぎた場合や、もしくはウィルスや細菌等に攻撃されているにもかかわらず、下痢が出来ない状態の方が非常に問題です。

大きな便りと書いて大便です。大便は言葉を喋れないワンちゃん猫ちゃんの健康状態を知らせる大きな便りですので、しっかり見てあげてください。